プログラミング

初心者のPython入門(Unicode値を文字に変換するchr関数の使い方)

更新日:

PythonでUnicode値を文字に変換するchr関数の使い方です。(Pythonの標準関数です。)

Pythonの標準関数一覧はこちらです。

Unicode値とは

文字コード値の一種で、国際規格になっています。

chr関数の使い方

chr(i)

Unicode値を整数で与えると、そのUnicodeに対応する文字を返します。

以下のとおり試してみます。

# -*- coding: utf-8 -*-

# 文字をUnicode値に変換します
print(ord('a'))
print(ord('あ'))
# Unicode値を文字に変換します
print(chr(97))
print(chr(12354))

実行結果は以下のようになりました。

97
12354
a

"a"のUnicode値は97、"あ"のUnicode値は12354です。

Unicode値を文字に変換して表示すると、"a"と"あ"が表示されました。

-プログラミング

Copyright© 小さなことをやってみるブログ , 2020 All Rights Reserved.