プログラミング

pythonのset関数で集合を扱うset型を生成する。(初心者のPython入門)

Pythonでset型を生成するset関数の使い方です。(Pythonの標準関数です。)

Pythonの標準関数一覧はこちらです。

set型とは

set型は、複数の値を格納できますが、格納された値には順序がありません。

また、重複した値が格納されません。

set関数の使い方

set([iterable])

iterable(イテラブル)は、繰り返しアクセスして要素を取り出せるものを意味します。

たとえば、リストはiterableです。

以下が簡単な使い方です。

# -*- coding: utf-8 -*-

# リストからset型を生成してset1に格納します。
set1 = set([1,2,3,4,5])
print(set1)

リスト型の値[1,2,3,4,5]を、set関数によりset1という変数に代入しています。(set1は集合を示す変数です)

実行結果は以下の通りです。

{1, 2, 3, 4, 5}

set型の値は、{ } に囲まれて表示されます。

また、set関数を使わなくても、以下のようにすればset型を作れます。

set2 = {1,2,3,4,5}

set型に格納された値には順序が無いというのがわかりにくいですね。
試してみましょう。

# -*- coding: utf-8 -*-

set1 = set([1,2,3,4,5])
print(set1)
print('-----')
set2 = set([5,4,3,2,1])
print(set2)
print('-----')

以下が結果です。

{1, 2, 3, 4, 5}
-----
{1, 2, 3, 4, 5}
-----

set1とset2は、逆向きに代入しましたが、printしてみると同じ内容になっています。

次に、set型は重複した値が格納されないことを確認してみましょう。

# -*- coding: utf-8 -*-

# set(基本)
set1={1,2,3,4,5}
print(set1)
print('=====')
# set(重複は削除される)
set2={1,1,2,2,3,4,5,4,5}
print(set2)
print('=====')

この例では、set関数を使わずに、{}を使って変数に代入しています。

以下が出力結果です。

{1, 2, 3, 4, 5}
=====
{1, 2, 3, 4, 5}
=====

set2は重複した値が削除され、set1と同じ内容になりました。

-プログラミング
-,

© 2020 小さなことをやってみるブログ